ライザップのリバウンド保険とは?ライザップの保険制度を調査

ライザップ

ライザップのリバウンド保険について調べてみました。

ライザップは短期間でダイエットを目指しますので、どうしてもリバウンドの心配があると思います。

せっかく頑張ってダイエットに成功しても、すぐにリバウンドではなかなか切ないですよね。

そんなリバウンド対策はライザップも力を入れていますが、その中で注目されているのがリバウンド保険です。

これは元々あったものではありませんが、ライザップが新たに取り入れた新システムです。

そんなライザップのリバウンド保険について調べてみました。

 

スポンサーリンク

ライザップのリバウンド保険とは?

ライザップのリバウンド保険は、リバウンド率0%を目指してライザップが新たに始めた保険制度です。

ライザップでは、リバウンド率は7%と公式に発表しています。

しかし、ライザップのCMの影響か短期間で痩せる反面リバウンドしやすいというイメージもあるようです。

そんなリバウンド対策としてライザップが始めたのがこのリバウンド保険です。

正式には、ライザップのリバウンド保険付きボディマネジメントプログラムというコースです。

ライザップのボディマネジメントプログラムの概要はこちらです。

 

・コース終了後の月2回のセッション(トレーニング)

・コース終了後の月1回のプランニング

・マルチマシンの利用

・リバウンド保険

 

ボディマネジメントプログラムは、通常のコース終了のプログラムです。

その為、始まるのは通常コース終了後ですので単独で使えるコースではありません。

 

ボディマネジメントプログラムの内容1つ目は、月2回のセッション(トレーニング)です。

今まで週2回くらいでやっていたものを月2回に減らします。

当然、毎週通っていた時よりも減りますのでこの月2回だけでダイエットを成功させるというものではありません。

あくまでも、落ちた体重が戻らないように運動を継続させるというためのものです。

ただ、このような機会がないとどうしても人間サボります。

サボれば当然、運動不足になったリバウンドのリスクは上がります。

 

ボディマネジメントプログラム2つ目の内容は、月1回のプランニング(カウンセリング)です。

コース終了後の食生活がどのような状態か、運動習慣はどのような状態かなどを見極めてアドバイスをもらいます。

アドバイスがメインというよりも、監視に近いかもしれません。

人間サボりますが、人に見られているとやろうとするのが常です。

「そろそろカウンセリングだから、食生活ちゃんとしないとマズイな」と思うだけでも、このコースの意味はあります。

 

ボディマネジメントプログラム3つ目は、マルチマシンの利用です。

これはマンツーマンのトレーニングではなく自主トレです。

月2回にトレーニングが減りますので、その分をこのマルチマシンで補います。

 

ボディマネジメントプログラム4つ目が、リバウンド保険です。

一定の基準を満たした人に、16回分のコースと同等の内容のサービスを無料で提供するというものです。

一定の基準というのが、ようはリバウンドです。

ここまでリバウンドしたらまた無料でコースを受けられるというものですので、狙って受けようとするものではありません。

できれば、一生使わないことを願う保険ですが保険とはそんなものです。

万が一に備えて、最悪リバウンドをしてもまたやり直せるというのがリバウンド保険です。

ライザップのリバウンド保険の料金

ライザップのリバウンド保険が含まれるボディマネジメントプログラムの料金はこちらです。

 

ボディマネジメントプログラムの料金 29,800円(税別)

 

これを高いと見るか安いと見るかは人によると思います。

特にリバウンドの考え方にもよると思います。

リバウンドは自己責任と考えれば、このボディマネジメントプログラムは必要ないかもしれません。

しかし、今までダイエットをしてきて今後もダイエットにはリバウンドが心配という方にはリバウンド保険が必要かもしれません。

これについては、個人の考え方や今までのダイエット経験が大きく影響すると思いますので、おすすめとも辞めた方がいいとも言えません。

ただ、ライザップのリバウンド保険がおすすめの人はこちらです。

 

・今までダイエットをしてはリバウンドを繰り返してきた

・とにかくリバウンドを防ぎたい

 

ライザップのリバウンド保険適用基準

ライザップのボディデザインプログラムを利用した場合、その後のリバウンド保険が適用になるかは条件があります。

その条件としては、ライザップでのリバウンドの基準とも言えます。

「ここまでリバウンドしたらリバウンドと認定されて、リバウンド保険を適用できます。」といった保険の適用条件です。

 

少しややこしいですが、こちらがライザップのリバウンド保険適用基準です。

 

リバウンド保険の適用条件は、減量幅によって異なります。

 

減量前の体重・体脂肪-ボディデザインプログラム申込時の体重・体脂肪=減量幅

 

減量幅10kg以上の場合、減量幅5㎏以上~10㎏未満、減量幅5kg未満の3パターンに適用条件が分かれます。

 

<減量幅10kg以上の場合>

ボディデザインプログラム来店時の体重が、減量幅の50%以上戻ったの場合。

例)減量幅10kgで、6kg戻った場合→リバウンド保険適用

減量幅10kgで、4kg戻った場合→リバウンド保険適用外

 

<減量幅5kg以上10kg未満の場合>

ボディデザインプログラム来店時の体重が、ライザップ入会時の体重を超えた場合。

 

<減量幅5kg未満の場合>

ボディデザインプログラム来店時の体重・体脂肪が、ライザップ入会時の体重・体脂肪を上回った場合。

 

ややこしいのが、10kg以上のダイエットに成功した場合です。

この場合は、リバウンド保険適用条件がややこしくなります。

リバウンド保険と言っても、ライザップ終了時点から1kgでも増えたら即リバウンド適用というものではありません。

保険制度をよく検証した上で、リバウンド保険を含むボディデザインプログラムに申し込むかを検討してみてください!

ライザップ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
パーソナルトレーニングマニア

パーソナルトレーナー、パーソナルトレーニングジム運営、パーソナルトレーニング巡りなどをしてマニア化。
ブログでパーソナルトレーニングや健康に関する情報を執筆しています。
Twitterやってます!

パーソナルトレーニングマニアをフォローする
パーソナルトレーニングマニアをフォローする
スポンサーリンク
パーソナルトレーニングマニア

コメント