ライザップの食事はカロリーどれくらいに制限しているのか?

ライザップ

ライザップの食事制限でカロリーはどこまで制限しているのか?

気になる人は多いと思います。

イメージ的には恐ろしいほどの制限がかかっていそうですよね。

あれだけ短期間でダイエットをしていますので、総カロリーは相当制限しないと成功は難しいと思います。

だからと言ってあまりにも厳しいカロリー制限ではその後のリバウンドも心配です。

ライザップのダイエット効果が高そうなのは誰もが知るところですが、その反動のリバウンドは心配されるところです。

そんなライザップの食事指導のカロリー制限について調べてみました。

ライザップの食事はカロリー制限をどれくらいしている?

ライザップのダイエットでは、大きく2つの柱があります。

1つは運動(トレーニング)、そしてもう1つが食事改善(食事制限)です。

その中でも食事制限の比率はダイエットの成功に向けてはかなり重要度が高いです。

運動も食事もダイエットには大切ですが、最近は食事の方が重視される傾向です。

その食事制限で気になるのが何キロカロリーに制限するのか?だと思います。

あまりにも強烈な食事制限では挫折してしまいそうですからね…

ライザップの公式サイトを調べると、ライザップの食事制限でのカロリー制限についてこのように書かれていました。

 

Q.一日の摂取カロリーはどの程度を目安にするべきですか?

A.お客様それぞれの推定消費カロリーを計算し、それを上回らないように個別にアドバイスさせて頂きます。もちろん目標の体重などによって、摂取量は変わります。身長、体重も異なれば、1日の生活スタイルもそれぞれ異なります。お客様の個人に合わせて適切な摂取量を計算させて頂きます。

RIZAP公式サイトより抜粋

RIZAPの食事指導としては「何kcalまでに制限してください」というカロリー制限の決まりはないようです。

あくまでも、その人に合わせて食事制限を行うということです。

これはよく考えれば当たり前のことで、性別や身長体重によって必要なカロリーは異なります。年齢や運動歴、筋肉量や生活習慣にもよりますね。

そのため、RIZAPのダイエットでは1日1800kcalに抑えましょう!みたいな基準はありません。

まぁよく考えれば当然なんですが、そのような基準があった方が分かりやすいですよね。

その辺りは、ライザップでは担当トレーナーが決めてくれますので、ライザップに通えば1日何キロカロリーというあなただけの基準が出来るはずです。

 

ライザップの食事制限で必要なことは?

ライザップの食事制限で必要なことは、どんなポイントなのでしょうか?

ただカロリーを制限しているだけではだめで、どれだけカロリー制限をすればいいかも人によります。

その中で、食事制限で必要なことをライザップでは示しています。

ライザップでは食事制限ではなく正しい食事の習慣と言っています。

ダイエットというとどうしても「糖質を制限しろ!」「甘いものは食べるな!」といった制限のイメージが強いと思います。

ただ、ライザップで言っているのは食事制限ではなく必要なものを食べる知識を付けることです。

ライザップでは他にも「肉も魚も食べるダイエット」と言っていますが、これも本来は当たり前の話です。

肉も魚も栄養素としてはタンパク質がメインです。

たんぱく質が不足している人は非常に多く、そのせいで筋肉量が落ちて基礎代謝量が落ちた結果、太りやすい・リバウンドしやすい身体になっている人が多くいます。

また、野菜などビタミン・ミネラルの不足も体調不良を起こしたり便秘などでむくんで太る可能性もあります。

そんな正しい知識がそもそもついていれば、ライザップは必要ないかもしれません。

ただ、そのような知識がなかったり実践するためのノウハウや成功体験がないから現在太っていてダイエットをしようとしているはずです。

そんな方にはライザップで食事指導を受けてダイエットを成功させることがおすすめです。

そうすれば、その過程で知識が身に付いてダイエットが成功に向かいます。

リバウンドをするのも、やはりダイエット成功後に食事が乱れて「太る食事」をしていることで起こります。

ダイエットを成功させるだけではなく、自力でリバウンドを防ぐ力を身に付けるのもライザップの食事指導の特徴です。

ダイエットのための食事の選択に自信がないという方は、ライザップを検討してみてはいかがでしょうか?

コメント