ライザップのトレーニング内容とは?筋トレがメイン?

ライザップ

ライザップのトレーニング内容を調べてみました。

ライザップのトレーニングはとにかくきついトレーニングがメインで、さらにきつい食事制限でダイエットをするというイメージがなんとなくあります。

果たして、実際のライザップのトレーニングはどんなことをしているのか?

最近のトレーニングは、体幹トレーニングなど色々なトレーニングがあるので、ダイエットのトレーニングといっても結構ジムによってやっている内容が異なります。

そんなライザップのトレーニング内容を調べてみました。

 

ライザップのトレーニング内容

ライザップのトレーニング内容を調べると、基本的には筋トレがメインです。

筋トレというとアバウトですが、正確にはウェイトトレーニングです。

ウェイトトレーニングとは、ダンベルやバーベルなどの重りを使ったトレーニングのことです。

筋肉を鍛え、筋肉量を増やすことを目的としたトレーニングです。

特定の筋肉を狙ったトレーニングですので、肩こりを改善する・腰痛を改善するなどの身体の機能を高めるトレーニングというよりはダイエット・ボディビルなど見た目を重視するトレーニングと言えます。

これはトレーニングの強度によりますので、ダイエットをする運動初心者もボディビルダーもトレーニング内容としてはそこまで変わりません。

ただ、重りの重さややる回数や頻度などは全然違います。

ライザップのトレーニングでは、このウェイトトレーニングのフォームにかなりこだわります。

我流の筋トレではフォームが間違っていて効果が出ないどころか逆効果になっている人も多いです。

テレビで観た筋トレ方法や、YouTubeを見てやった筋トレ方法では結構この逆効果が多くあります。

そうなると、怪我をしたりやってもやってもどんどん足が太くなるなどの逆効果になります。

こうなるのを避けるため、ライザップではウェイトトレーニングのフォームにこだわります。

また、ライザップのトレーニングは時期によってやる内容が異なります。

 

ライザップのトレーニングの進め方

ライザップのトレーニングの進め方は、トレーニングの段階によって内容を変えます。

ライザップのトレーニングでは、段階を3段階に分けています。

 

・導入期(トレーニングフォームの習得)

・シェイプアップ期(体脂肪を減らす)

・スタイルアップ期(作り上げた身体を維持)

 

ウェイトトレーニングでは、フォームを間違えるととにかく怪我をしやすく効果も薄いですので最初はトレーニングフォームが大切です。

ただ、この時期でも効果は出ます。

運動をしてなかった人が運動を始めると、その最初の効果はかなり高いです。

軽い重りのウェイトトレーニングでも、効果が出ます。

2段階めのシェイプアップ期では、習得したトレーニングフォームで重りを増やしていきます。

当然ですが、ウェイトトレーニングは重りが重たい方が効果は高くなります。

一気に重りを上げるとフォームが崩れて効果が下がりますので、少しずつ重りを追加していきます。

回数の調整も必要ですので、これはライザップのトレーナーに任せましょう。

我流の筋トレはこの重さや回数の設定が間違って効果を下げることが多いです。

特に男性では無理に重りを増やして正しいフォームで出来なくなって効果が下がるパターンが非常に多いです。

どうしても重いものを挙げたくなるのが男の性なのでしょうか…

どちらにしろ、無理に重りを増やすのはトレーニング効果を下げるだけですので、ここはトレーナーをつけてトレーニングをすることをおすすめします。

そして、ダイエットに成功してもそこで終わるともとに戻っていきます。

動かさなければその筋肉は衰えるというのは、紛れもない事実です。

「ライザップのトレーニングが悪いからだ!」とかそういう話ではなく、身体の仕組みの話です。

鍛えた身体を維持するために、トレーニングの継続が大切です。

だからこそ、トレーニングフォームを習得することが重要で、それによってライザップが終わった後でも自分でやるトレーニングの効果が上がります。

ライザップのトレーニング内容を調査しましたが、やはり筋トレがメインです。

ただ、これだけではなく食事の改善も必要ですので、ライザップではトレーニングだけではなく食事のカウンセリングにも力を入れています。

両方を合わせて初めてダイエットが成功します。

 

ライザップが終わったあともトレーニングは必要?

そして、ライザップのトレーニングでよく勘違いされるのが「ライザップのコースが終わったらトレーニングは辞めていい」ということです。

これは、トレーニングを辞めればリバウンドをする可能性が高いです。

食事との兼ね合いもありますが、どれだけ食事に気を付けても運動を辞めればリバウンドをする可能性は非常に高いです。

ライザップに通っている間だけ頑張ればダイエットに成功してリバウンドをしないという勝手な幻想が独り歩きしていますが、これは身体の仕組み上あり得ない話です。

ライザップに通っている時ほど頑張らなくても、トレーニングの継続はリバウンドを防ぐためには必須です。

ライザップではリバウンド対策のコースもありますので、その辺りもライザップの無料カウンセリングで聞けます。

ライザップに興味がある方は、まずは無料カウンセリングに行くことをおすすめします!

コメント